【決定版】セラミックファンヒーターの電気代って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
education, elementary school, people, childhood and emotions concept - sad or bored little student girl over green chalk board background

電気だけで手軽に使える「セラミックファンヒーター」。スイッチひとつで直ぐに暖かくなりますので、ついつい点けっぱなしにしてしまう方も多いのではないでしょうか。でも実は「セラミックファンヒーターの電気代は、エアコンの最大出力と同じくらいで安くはない」というのはご存知でしたでしょうか。今回はそんなセラミックファンヒーターの電気代と、使い方についてご紹介します。

なお、他のヒーターとの電気代などの違いが気になる方は、「【完全版】ヒーターの特徴と違いを徹底比較してみた」もご覧ください。

スポンサーリンク

1. セラミックファンヒーターの電気代

今回、検証に使用したのは下記の5つのモデルです(2015年10月時点で価格.comで人気トップ5)。それぞれについて、1時間あたりの電気代を計算してみると、弱モードで約16円、強モードで約30円の電気代がかかっていることがわかりました。

製品名 本体価格
消費電力
電気代
(1時間)※
DS-F1204(パナソニック) 7,614円 強:1170W
弱: 640W
強:30.3円
弱:16.6円
HF-A121(YAMAZEN) 3,573円 強:1220W
弱: 620W
強:31.6円
弱:16.1円
HF-J121(YAMAZEN) 4,580円 強:1200W
弱: 600W
強:31.1円
弱:15.6円
HX-ES1-W(シャープ) 18,300円 強:1150W
弱: 550W
強:29.8円
弱:14.3円
DMF-B06(T)(YAMAZEN) 3,270円 600W 15.6円

※ 本体価格は2015年10月の記事執筆時点での価格.comでの最安値
※ 消費電力は50Hzのケースを使用
※ [消費電力(kWh)×25.91円×1時間]で計算。25.91円は東京電力「従量電灯B」の第二段階料金

1時間の電気代を30円とした場合の、「1日の平均使用時間別の月額」は下記の表の通りです。ご家庭の使い方のよって異なりますが、帰宅直後やトイレ中などで1時間程度使用している場合は900円、ほぼ1日中つけっぱなしで18時間ほど使用している場合は21,600円程度が目安になりそうです。

平均使用時間 1日の電気代 1ヶ月の電気代
1時間 30円 900円
2時間 60円 1,800円
3時間 90円 2,700円
4時間 120円 3,600円
8時間 240円 7,200円
12時間 360円 10,800円
18時間 540円 16,200円
24時間 720円 21,600円

※セラミックファンヒーターの1時間の電気代を30円で計算

2. セラミックファンヒーターの使い方と特長

セラミックファンヒーター

セラミックファンヒーターは、エアコンと同じように「温風で部屋全体を暖かくする」暖房器具ですが、小さめの部屋ではなければ、実際は部屋全体を暖めるにはパワーが足りません部屋の目安としては木造で4畳半、コンクリートで6畳〜8畳と言われています。大きい部屋で、エアコンと同じようにずっとつけておく、という使い方だと、ちょっと効率が悪いかもしれません。

オススメの使い方は、扇風機と同じように「寒さがひどい時に一時的に使用する」というピンポイントでの使用法です。ただし、扇風機は1時間あたりの電気代が約1円程度なのに対し、セラミックファンヒーターの強モードだと約30円程度します。ずっと点けっぱなしにしておくと、電気代が高くなるので注意が必要です。

なお、最近のセラミックファンヒーターは、加湿器とセットになったものが多く、ナノイー機能など高機能型も多いようです。本体価格にもかなり開きがありますね。

 

3. まとめ

  • セラミックファンヒーターの電気代は「弱モードで16円、強モードで30円」
  • 暖房のパワーは弱いので、「木造で4畳半、コンクリートで6畳〜8畳」が目安

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*